飼料の原材料から店頭に並ぶまで!
ヨード卵・光誕生のしくみをご紹介します。

気になる箇所をクリックしてね!

飼料工場[エサ作り]

飼料工場健康たまごへのこだわりはエサづくりから。

  • 飼料メーカーだから厳選された原材料を

    ノーサンは畜産物、水産物を育む飼料をつくるメーカーとして、創業以来70年を越える歴史を持っています。その長年の研究で培ったノウハウによって、ヨードをはじめおいしさと品質にこだわった「卵をつくるための、ニワトリの飼料が開発されたのです。

  • 栄養分たっぷりのたまごは、ニワトリを育む7つの原料から。

    トウモロコシ

    健康なニワトリのエネルギー源に。 ニワトリのエサの約60%を占める原料で、重要なエネルギー源になります。また、卵黄の色となるキサントフィルという色素を多く含んでいます。

    ノーサンヘルシースイート

    ビフィズス菌を増加させる。 ノーサンが独自に開発した原料で、デキストランという糖を製造するときの副産物です。ニワトリの腸内でオリゴ糖になり、有用なビフィズス菌を増加させる働きがあります。

    大豆油かす

    アミノ酸を与えるために。 大豆油を絞ったあとの粕(かす)で、主としてたんぱく質(アミノ酸)の供給源になります。

    炭酸カルシウム

    殻に必要なカルシウムを補給する。 石灰石を3mm程度の粒に粉砕したもので、卵の殻に必要なカルシウムを補給するために使用します。

  • 栄養分たっぷりのたまごは、ニワトリを育む7つの原料から。

    魚粉

    卵のコクや風味のもとになる。 白身魚などの良質な魚粉から油分と水分を搾り取ったあと、乾燥し粉砕したものです。主としてたんぱく質(アミノ酸)の供給を目的として使用していますが、卵のコクや風味の元になるといわれています。

    サプリメント

    ニワトリに必要なビタミンなどを。 ビタミンやミネラルなど、ニワトリに必要とされる微量な栄養成分をエサの中に均一に混ぜるため、米ぬかなどを基材として、前もって混合したものです。

    海藻粉末

    海の幸がヨードとなる。 コンブなどの海藻を乾燥、粉末にしたもので、ヨウ素の供給源として使用しています。

(2)生産農場[育成農場]次へ

「ヨード卵・光が店頭に並ぶまで」
トップに戻る