私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物が入ってきたときに、これらを排除しようとする「免疫」というしくみがあります。
ところが、この免疫のしくみが、本来は免疫反応を起こすことのない食べ物に対しても過剰に反応してしまい、体に害のある症状を引き起こしてしまうのが「アレルギー」です。

たまごアレルギーは、たまごを食べて起きるアレルギー反応のこと。
新生児から幼稚園児の小さな子供に起きやすい症状です。
消化器が未熟で、卵白のたんぱく質、オボアルブミンやオボムコイドが腸の粘膜を通りやすいことが原因とみられています。

その症状には、じんましん、嘔吐、下痢などがあり、まれに血色不良や呼吸困難といった症状が現れることもあります。また、アレルギー反応から喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎といった症状が現れることも。

消化器官が発達することで、たまごアレルギーは成長とともに治ることもありますが、食べられるようになったかどうかの自己判断はしないで、必ず医師に相談しましょう。