日々、口にするたまごを“健やかな家族”のために!

ヨード卵・光はお客様に安心して食べていただけるよう、様々な安全への取り組みを行っています。

HACCPの衛生管理手法を取り入れ、たまごづくりをチェック

「ヨード卵・光」の生産工程には、当社独自の衛生・品質基準項目を設けています。その管理方法はNASA(米航空宇宙局) で宇宙食の安全管理のために開発されたHACCP方式に基づいたものです。農場で75項目、GPセンターで75項目、 計150項目にわたってチェックする認定制度で運用しています。

独自の飼育衛星プログラムに基づいて管理された鶏舎
「ヨード卵・光」認定農場
認定証

※HACCP方式
NASA(米航空宇宙局)で宇宙食の安全確認のために開発された、原料から最終商品までのあらゆる工程で起こり得る危害の可能性を分析し、その発生を防ぐために重要な管理点を監視し記録する、科学的データに基づいた衛生管理手法です。

飼料の原材料から店頭まで!たまごを見つめる、いくつもの瞳があります。

ヨード卵・光の管理体制を詳しく見る

ヨード卵・光が店頭に並ぶまで

徹底した飼料への気配り!赤い「光シール」は高品質への誇りです。

おなじみの「光シール」は、「ヨード卵・光」の品質の証を表したもの。ちょっと硬めのカラを割ると、中はこんもりもりあがった濃い黄身。ヨードをはじめとして、ニワトリに与えられるエサの内容に気を配った結果です。海藻粉末や、トウモロコシ、白身魚の良質な魚粉などの原料を飼料メーカーのノーサンならではの配合で使用しています。栄養たっぷりのエサを食べたニワトリが、おいしい卵を産んでいるのです。さぁ試しに割ってみてください!